顔の手入れ

ニキビ跡やクレーター除去|ツルッと手触りOK

整形だけじゃない施術

先生

美容外科では、美容整形だけでなく、保険適用内の形成外科の取り扱いとなる施術も受けることができることが多いです。大手チェーンはやはり知名度から全国どこでも安定した人気を誇っており、それだけでなく少し価格帯が高めの美容外科も人気です。

美容外科を行う

鏡見ている女性

美容整形に掛かる費用は実費になることがほとんどですので、高額な治療費が必要になるケースも多いでしょう。場合によっては保険が適応されることもありますので、手術内容については事前に確認しておいた方が安心です。

人気の美容整形術

先生

短時間で、痛みも少なく、入院の必要もなく、気軽に行うことが出来るとして人気を集めているプチ整形ですが、安易に行うと後悔する結果になる可能性も考えられます。本当に手術を行う必要があるのかを考えてから行うようにしましょう。

気になる肌トラブル

女性

できてしまう原因とは

肌トラブルは数多く存在しますが、その中でも特に気にしている人が多いのがニキビ跡による、デコボコになってしまった肌、いわゆるクレーターです。このクレーターは、メイクで隠しにくく、治りづらいのが特徴的です。そもそも、ニキビ跡がクレーターになってしまう原因は、ニキビの炎症によって、肌の真皮が破壊されてしまうのが、大きな要因です。炎症が起きると、皮膚組織が炎症の修復を試みますが、真皮より下にある組織は基本的に再生されることがないため、皮膚組織がへこんでしまい、クレーターのようなデコボコとした肌になってしまうのです。このクレーターのようになってしまった肌は、自分でなんとかしようと思っても、薄くすることはできても、完治させることは困難なため、皮膚科などのクリニックの力が必要になってくるのです。

治す方法

ニキビ跡によるクレーターを治す方法には、皮膚科やクリニックの専門的な治療が必要不可欠です。治療には、レーザーを肌の内部まで届かせることによって、皮膚細胞を破壊し、再生を促すレーザー治療や肌に専用の薬剤を塗り、肌表面にたまった古い角質や汚れを取り除き、肌のターンオーバーを整えるケミカルピーリングがあります。肌表面に微粒子のカーボンを塗り、その上から赤外線レーダーを当てるカーボンピーリングもあります。また、肌に細胞増殖因子の注射をすることによって、皮膚細胞を増やし、ニキビ跡のへこんでしまった部分の肌をふっくらとした肌にさせる方法もあります。その他に、皮膚移植手術などもあり、肌の状態や治療にかかる費用などを考慮して自分にあった治療法を見つけるのがおすすめです。